★動脈硬化性疾患の危険因子の性差と予防に関する多施設共同前向きコホート研究(NADESICO study) ★冠動脈疾患診断およびリスク層別化における冠動脈CTの新機能的指標の意義の性差と費用効果分析(NADESICO-FFRCT study) ★性差を加味した冠動脈疾患AI診断システムに関する研究開発(NADESICO project)

活動報告

原著論文(英文)

・Nakao YM, Miyamoto Y, Higashi M, Noguchi T, Ohishi M, Kubota I, Tsutsui H, Kawasaki T, Furukawa Y, Yoshimura M, Morita H, Nishimura K, Kada A, Goto Y, Okamura T, Tei C, Tomoike H, Naito H, Yasuda S. Sex differences in impact of coronary artery calcification to predict coronary artery disease. Heart. 2018 Jan 13. pii: heartjnl-2017-312151. doi: 10.1136/heartjnl-2017-312151.

原著論文(和文)

中尾葉子, 宮本恵宏, 安田聡. 「冠動脈CTからみた性差」. 循環器内科, 84(4): 412-418, 2018.

プレスリリース

NEW

・国立循環器病研究センター「AIを活用した冠動脈疾患の診断支援およびリスク予測に関する研究開発を開始
    ~ソフトバンクが国立循環器病研究センター内のオープンイノベーションラボに研究室を開設~」

NEW

・ソフトバンク株式会社「AIを活用した冠動脈疾患の診断支援およびリスク予測に関する研究開発を開始
    ~ソフトバンクが国立循環器病研究センター内のオープンイノベーションラボに研究室を開設~」

・国立循環器病研究センター「冠動脈疾患が疑われる場合のCT検査の意義には性差を認める~なでしこ研究~」

・日本医療研究開発機構「冠動脈疾患が疑われる場合のCT検査の意義には性差を認める~なでしこ研究~」

学会発表

・Gender-Specific Diagnostic Strategies for Suspected Coronary Artery Disease – Insights from the NADESICO Study (Invited Symposium, The 8th Congress of the International Society for Gender Medicine, Sendai, 2017.)

・Effect of Sex on Predictive Ability of Coronary Artery Calcification in Patients with Suspected Coronary Artery Disease: NADESICO Study (Oral Presentation, The 8th Congress of the International Society for Gender Medicine, Sendai, 2017.)

その他

NEW・医学界新聞 第3382号 2020年8月3日掲載:循環器診療に性差医療の視点をー女性の健康を守る「なでしこプロジェクト」
    リンク先:http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA03382_02

   ・Medical Tribune 2018年3月1日号掲載「CT冠動脈石灰化スコアの有効性で男女差」

pagetop